img_01

iOS6〜iOS11

iOS6では共有フォトストリーム、Passbook、FaceTimeなどの機能が新たに追加されています。また、iOS5で実現したTwitterとの連携対応に引き続き、OSレベルでのFacebookとの連携が可能となっています。しかし、これらのSNSとのシングルサインオン機能はiOS11で廃止となりました。2013年秋に公開されたiOS7においてはアイコンにフラットデザインが導入され話題となりました。 iOS7では、コントロールセンターという機能が追加されマルチタスクの切り替えがカード風のデザインになりました。

また、AirDropなどの新機能も追加されています。2014年秋に公開されたiOS8においては写真アプリの刷新が施され、ファミリー共有、iCloud Driveなどが新たに追加されました。そして、iOS9への移行を前に公開されたiOS8.4においてはAppleによる音楽ストリーミングサービスであるApple Musicの利用が可能となりました。

2015年秋に公開されたiOS9では同時に発売されたiPhone6sで追加された3D Touchに対応した新しい操作方法への対応が新たにされました。iOS9.3では夜間の色調を変化させてブルーライトの影響を軽減するNight Shiftモードが新たに追加されています。iOS10は2016年秋に公開され、写真アプリにムービーを自動生成してくれる「メモリー」機能等が追加されサードパーティアプリにSiriが開放されています。iOS10.1では日本でもApple Payが利用可能となり、iPhone7 Plusのポートレートモード機能の追加が行われています。iOS10.2においては、日本国内で販売される国内版のiPhoneでもスクリーンショットを無音で撮影することが可能になりました。iOS11ではパソコンでの操作と同じようにファイル管理ができる純正アプリ「Files」が提供されるほか、「ダークモード」と呼ばれる黒を基調とした表示モード、そして写真アプリがGIFアニメに対応します。また、ハイレゾ音源の主流となっているファイル形式FLACに対応するなどもあり、iOSの進化は止まりません。